さぬき City boy 奮戦記

おいしいもの食べたり、写真撮ったり、本読んだり、地域おこしのことであったりのあれこれを書いてます~

東京と星空

久しぶりの東京です。

 

東京に来て思うのですが、星はほとんど見えないのが残念です。

 

夜でも街は明るいです。明るいからこそ東京なのでしょうか。

 

さぬきの地に来てから、夜の星空をよく見ます。そして、自分の事を考えています。星を見ていると、いかに自分が小さなことを考えているかを実感させられます。さぬきの地から見る星は、砂つぶの大きさでしかないのですが、本当はもっと大きいです。地球から何万キロ以上離れて、太陽からの光に照らされて、その星が映し出される光を自分は見てます。光が届くにも時間がかかり、今見ている光は数十年前とかの光と聞きます。その光は、単なる光としてみてしまうのですが、昔の光を見ていることに時間について考えてしまいます。

 

さぬきの地にいき、今まで経験してこなかった、星を見ることは人生の宝物なのかもしれません。