さぬき City boy 奮戦記

おいしいもの食べたり、写真撮ったり、本読んだり、地域おこしのことであったりのあれこれを書いてます~

戦略のこと

大学卒業する頃、なぜだか本をたくさん読んでいました。

 

その頃つけていたノートに、「日本はなぜ敗れるのか 敗因21か条 」山本七平 を読んだときのメモが書き綴ってました。

 

太平洋戦争時の旧日本軍のことがかいてあるのですが、同じく「失敗の本質」も読んでいました。

 

この本は、有名で旧日本軍の戦いから戦略についていかに大切かを教えてくれます。

 

山本七平の本には、当時驚愕して眠れないほどのことが書いてありました。

 

それは書かずして、最近、岩波文庫の「孫子」を読みました。訳がついていてわかりやすく理解しました。これもいくさからまなぶ本で、戦略の大切さ(目的であったり、戦いの運び方、準備など)を知ることができました。

 

読んだことを思い出すと、戦いから学ぶ本でありますが、人生につながってくることも感じました。

 

孫子のなかで、戦争はいかにして相手と戦わずして勝つことが良いと書いてあります。戦わずに勝つまでの努力は相当なものだと思います。戦いなったら、高いところに陣地をつくるとか相手の大切なものを把握してそれを奪うだとか勝つために情報収集と現状の把握が必要ともいっています。

 

人生において、自分がどうなりたいか目標もって、それを叶えるために常に行動し、俯瞰しながら現状を把握して次なる

行動をとっていくのがいいのかなと感じています。

 

戦略のことですが、もう少し勉強したいです。