さぬき City boy 奮戦記

おいしいもの食べたり、写真撮ったり、本読んだり、地域おこしのことであったりのあれこれを書いてます~

あづまうどん

高松市前田にある「あづまうどん」へ行きました。

 

知り合いの方に教えていただいていたのですが、なかなか行けてなかったのでやっとの思いで行ってきました。

 

開店11:00で10分前に行きましたが、ぞろぞろとお客さんが集まり行列になっていました。

 

f:id:abcpopo:20170506211443j:plain

頼んだのは、とりあえず、かけ小とコロッケです。

 

これで330円。

 

安いとしか言いようがないです。

 

うどんもコシがしっかりとあり満足です。

 

f:id:abcpopo:20170506211535j:plain

よもぎ餅のお接待

f:id:abcpopo:20170507211409j:image

活動中に餅つきがあるとのことで、見学しました。

 

「やってみまい」と杵をもたせてもらい、餅つきさせて頂きました。

 

ずっしりとした重さで、うまくつけませんでした。

 

ついたお餅は、あんこを包みよもぎ餅に完成です!

 

温もりのこもったお餅は、とても美味しかったです。

自由軒と佐川町

車でひたすら走って高知まで行きました。

 

お昼は、有名なラーメン屋さんの「自由軒」。

 

知り合いの方に教えていただいていたのですが、なかなか行けなかったのでようやく行くことができました。

 

自由軒

f:id:abcpopo:20170506204414j:plain

f:id:abcpopo:20170506204559j:plain

 

【醤油ラーメン+半チャーハンセットとおでん】

f:id:abcpopo:20170506204451j:plain

f:id:abcpopo:20170506204512j:plain

なかなか、ラーメン屋さんでおでんが食べられるお店が初めてだったので驚きです。

 

うどん屋さんではよくある光景ですが・・・

 

あっさりとした醤油ラーメンはとてもおいしかったです。

 

これで1000円ちょっとでした。

 

普段のお昼代ふんぱつです!

 

佐川町へ】

 

高知市内から下道で一時間ほどにある佐川(さかわ)町。

 

目的は、さかわ発明ラボと呼ばれる工房ができたと知ったからです。

 

営業日が金・土の午後からで、行ったのですがゴールデンウィークのためお休みでした。

 

事前確認し忘れて残念でしたが、また行ってみたいです。

 

発明ラボは、地元の木を使って物を作ったりワークショップをしているとか。

 

f:id:abcpopo:20170506204625j:plain

 

【発明ラボの事務所】

住所ではここを指していました。

f:id:abcpopo:20170506204646j:plain

 

【工房】

GWでオープンしていませんでした。

f:id:abcpopo:20170506204707j:plain

 

また、この佐川町に訪れてみたいと思います。

 

 

<さぬき里山歩き>矢筈山

先日の大窪寺奥の院~女体山の山歩きの続きです。

 

標高788mの矢筈山に登りました。

 

【矢筈山】

f:id:abcpopo:20170505213035j:plain

f:id:abcpopo:20170505213750j:plain

赤まるの部分が矢筈山。

 

【山道】

木々の中を歩くのですが途中に急こう配の坂があったり、岩をよじ登ったりハードな箇所もあります。

f:id:abcpopo:20170505213131j:plain

f:id:abcpopo:20170505213226j:plain

 

【岩付近の風景】

 

岩のある付近は、開けていて周囲の景色は最高です。

 

「南側のさぬき市多和地区方面」

f:id:abcpopo:20170505213300j:plain

 「東側の東かがわ市五名方面」

f:id:abcpopo:20170505213424j:plain

「讃岐平野と瀬戸内海」

f:id:abcpopo:20170505214452j:plain

「矢筈山のふもとにある山々」

f:id:abcpopo:20170505213452j:plain

 

【山頂】

山つつじが満開でした。

f:id:abcpopo:20170505213533j:plain

 

木々が色づいてきて季節ごとに楽しめました。

 

 3時間の山登りで、久々の運動でした。

 

数日後の筋肉痛が恐ろしいです。

 

 

<さぬき里山歩き> 女体山

先日、大窪寺奥の院を経由して女体山(標高774m)に登りました。

 

5月のすがすがしい気候で、とても気持ちよかったです。

 

【山道】

大窪寺から続く道を通り女体山へ。

ひたすら上がっていきます。

f:id:abcpopo:20170505210514j:plain

f:id:abcpopo:20170505210606j:plain

 

【山頂】

f:id:abcpopo:20170505210658j:plain

 【山頂にある女体宮】

f:id:abcpopo:20170505210755j:plain

 

 【山頂からの風景】

 

瀬戸内海まで見渡せます。

 

とても景色がいいです。

f:id:abcpopo:20170505211255j:plain

f:id:abcpopo:20170505211539j:plain

結願のお寺である大窪寺 奥の院へ

前山ダムからこの大窪寺まで行く遍路道は複数あります。

 

その中で、険しい山道を通り女体山を抜け大窪寺の裏手にでる、四国のみちがあります。

 

その道を通り、女体山を目標に大窪寺奥の院へ向かいました。

 

奥の院は、弘法大師が最初に大窪寺を建立したとされる場所にあります。

 

弘法大師が、水に困って裏にある岩壁に独鈷という道具を使って水を湧き出したとかいう伝説があります。

 

2月にも奥の院に来たのですが、先日、八十八庵の店長さんとお話しした時に、奥の院の裏の数量が増えているとのことだったので、その確認もあり行ってみました。

 

大窪寺

休日なので、駐車場は他県ナンバーが多いです。

f:id:abcpopo:20170504211423j:plain

 

【休憩展望台と景色】

大窪寺からは、ひたすら階段を登り続けます。

 

やっとの所で景色のいいスポットがあります。

 

東かがわ市の五名と引田、その先の瀬戸内海まで見渡せます。

(当日は少しかすんでいたのであまりはっきりとはわかりませんが・・・)

 

山道では、お遍路さんとすれ違います。

 

この山道を通るお遍路さんはかなりすごいと思います。

 

お遍路衣装と荷物を背負いながら700m級の高さのある山をひたすら登るなんてすごいです。

 

今日も数名とすれ違いましたが、外国の方いらっしゃって世界にも遍路について知れ渡っているのでしょうか。

 

f:id:abcpopo:20170504211447j:plain

f:id:abcpopo:20170504211524j:plain

 

奥の院の建物と外の石仏】

 

お金を入れて拝ませていただきました。

 

この建物の敷地のある個所は、静かな場所で風が吹くと木々が重なり合う音しかない場所です。なんとなくさびしいなと思う時もありました。

 

f:id:abcpopo:20170504211544j:plain

f:id:abcpopo:20170504211730j:plain

 

【湧き出る水】

 

裏にある岩から水が湧き出ています。

 

岩に空いた穴にも水が溜まっていました。

 

f:id:abcpopo:20170504211823j:plain

f:id:abcpopo:20170504211912j:plain

 

【やまツツジ

 

ひっそりとさくツツジ

 

f:id:abcpopo:20170504212046j:plain

 

いただいたり購入したりした野菜たち

前の日曜日、産直で購入したりいただいた野菜たち。

この写真はいただいたものですが・・・

他、購入したのは、まんば漬物とたけのこです。

f:id:abcpopo:20170502205816j:plain

 

たけのこはてまひまをかけ作りました。

 

あくとるためにぬかと一緒に30分以上煮て、一晩寝かしました。

 

たけのこは、一度にたくさんは食べられなかったので、後日天ぷらにしたり、細かく切って砂糖をまぶし冷凍保存しました。

 

 

f:id:abcpopo:20170502210038j:plain

・ほうれんそうのツナ炒め

・まんばの塩漬け

・たけのことわかめの煮物

 

f:id:abcpopo:20170502211446j:plain

・たけのこの天ぷら

 

とても満足です。

 

とてもおいしくできました。