さぬき City boy 奮戦記

おいしいもの食べたり、写真撮ったり、本読んだり、地域おこしのことであったりのあれこれを書いてます~

地域おこし協力隊について知ったこと

f:id:abcpopo:20170328215837j:plain

 

『地域おこし協力隊~日本を元気にする60人の挑戦』 椎川忍他 2015年 学芸出版社

http://amzn.asia/5tqDQkn

 

 

この本を久々に読み返しました。

 

去年の10月ごろに購入してある程度読みそのままにしていました。

 

協力隊の制度や採用に至るまでのプロセスについてほとんど知らずにいて、改めて知ったことです。

 

■地域おこし協力隊の制度

都市地域から過疎地域などの条件不利地域に住民票を異動した者を地方自治体が「地域おこし協力隊」として委嘱し、隊員は一定の期間その地域に住み、地域ブランドや千葉産品の開発、販売、PRなどの地域おこしの支援や農水産業への従事、住民の生活支援などの「地域協力活動」をしながら、その地域への定住・定着を図る制度。

⇒幅広い活動内容を持つ制度だと知りました。

 

■転出地域の要件

三大都市圏からへの地方部への移動が原則だが、一部条件不利地域または政令指定都市

⇒東京・名古屋・大阪などの都市部からだけというイメージでしたがそれ以外の地域でもOKだとわかりました。Uターンもありだと知りました。

 

■隊員の給与や活動費

総務省から受け入れ自治体へ、隊員1人当たり年間400万円を上限として交付。

内訳は。報償費など200万円上限、活動費200万円上限。一部条件によっては上限400万円の中で報償費を250万円まで可能。

⇒年間400万円の中から報酬・活動費が決められていることが分かりました。地域によっては報酬や手当など違うのでそのあたりどのようになっているのか知りたいところです。

 

 

■協力隊受け入れ

①受け入れ地域との調整:協力隊を導入する地域のニーズ把握、活動内容の調整

②予算措置:人件費、活動費を予算に計上(議会の議決)

③実施要項、募集要項の作成

④募集:自治体サイト、移住・交流促進機構(JOIN)のサイトでの募集など。

⑤選考・面接

⑥採用

⑦委嘱手続き

⑧活動開始

⇒国の制度という認識で特別な制度だと思っていましたが、協力隊予算は地方自治体の議会で決められていて自治体の意向もあることを知りました。

 

 

自分が活動できているのは、こんなプロセスがあってできているのだと知りました。

日々、努力して活動していきたいです。

郷土資料を求めて・・・

東讃エリアの郷土資料を求めて図書館に行きました。

 

さぬき市の図書館と東かがわ市のとらまる公園にある図書館へ。

 

求めていた「旧大川郡」の郷土資料が見つからず・・・。

 

町史はあったのですが、ちょっとへこみました。

 

県立図書館へ探しに行こうと思います。

 

あと、とらまる公園の景色は海まで見えて、とてもよかったです。

 

【とらまる公園】

f:id:abcpopo:20170328213759j:plain

【ダリの彫刻】

f:id:abcpopo:20170328213903j:plain

地域おこし協力隊という肩書き

地域おこし協力隊として半年経ちます。

 

協力隊について、私の知る限り、地域こし協力隊のことを語る書籍をそんなに見たことがなく、ネットであれやこれやと協力隊のことが書かれているのを見ます。それを見ていると、「うん、そうそう」と思う一方、「本当なのかな」と疑問に思うこともあります。

私は、実際に調べたり話したりして信用ある情報を得るように心掛けています。そして、情報がいっぱいある中で、どれを信じればいいのかという見極める力が大切であると感じてます。

 

そんなことを思いつつ、協力隊になる前と後ではイメージが変わりました。

 

地域おこし協力隊は、任期3年間で通過点にすぎないと感じてます。

今の活動は、運営補助だったり企画提案だったりコンサル的な仕事と感じてます。前職は営業職で企画提案など仕事もしていたので共通する部分があります。

今まで培ってきたことを生かしながら、協力隊とはキャリアパスの一つと思っています。

 

 協力隊員がなる以前は、地域活性化に携われる仕事がしたかったこともあって今の仕事をしてます。大学時代に地域社会学・都市社会学を学び心の中でそんなことを思っていました。協力隊になる前は、企業に勤めていて、勤めながら休日に地域活動のボランティアをしてました。それも転勤があったり時間が取れずなかなか地域に関わることもできませんでした。

 

今は、その思いがかなった仕事をしていますが、この半年間で思いが変化してきました。地域に入って活動してますが、その地元の方たちはボランティアで仕事をされています。今になって、本業を持ちながら地域貢献することも可能だと気づきました。

 

そんなことを思いながら日々活動に専念しています。

 

最近、感じることは「報連相」の仕事が多いことです。前職では営業職をしていて「報連相」は当たり前でした。それをたたき込まれたのもあって癖になっています。

 

今の仕事にはそれほど重要ではないと思っていたのですが結構求められます。

行政・地元・有志団体の3つに関わっていますが、この3つがそれぞれ動いていて連絡がうまく伝わっていないことがただあり、そんな時につなぎ役として活動してます。

 

自分がいて3つがうまく関係し続けていけるよう望んでます。

 

 

東かがわ市五名(ごみょう)に訪れて

先日は、東かがわ市五名活性化協議会の定例会を見学させていただきました。

 

その時に、イラストレーターのいのくまなみえさんとご挨拶させていただきました。

 

この方は、五名マップの作成に携わっている方で、マップのイラストも自分で書かれています。

 

今日、いのくまさんに五名のふるさとの家で「マップの作り方」についてお話しを聞かせていただきました。

 

いろいろとアドバイスをいただき、自分の活動している多和地区の皆さんと話を進めながらマップ作りしていきたいです。

 

その後、五名地区を案内していただきました。

 

まずは、徳島県との境の入野山にあるのうさぎカフェに連れていっていただきました。

 

【のうさぎカフェ】

カフェは、古民家を改装し作られていて、とても雰囲気が落ち着く場所です。

 

店主の方からも五名についていろいろとお話しを聞くことができました。

 

特に印象に残ったことは移住者のことです。

 

五名では、移住者が多いと聞きます。

 

多い理由として、先に入ってきた移住者の友達・知り合いが五名を知って魅力を感じて移住してくるそうです。受け入れる態勢もできていて、移住したい人と地元を結びつける仲立ちの人がいるそうです。

f:id:abcpopo:20170318210234j:plain

f:id:abcpopo:20170318210348j:plain

 

【3本柱】

五名から多和・大窪寺へ続く道に、現在五名の方が五名を象徴するオブジェを作成中。

最近、柱を3本立てたそうでどんなものになるか楽しみです。

f:id:abcpopo:20170318210414j:plain

f:id:abcpopo:20170318210508j:plain

 

【遍路道と川】

いのくまさんに五名の方のお家へ連れていていただいたのですが留守だったので、魅力スポットを案内していただきました。

初めて知ったのですが、五名にも遍路道があります。

詳しいことがわかりませんが、徳島へ続いているとか・・・。

五名にもお遍路さんが通るらしく阿波の方に向けて歩いていくそうです。

f:id:abcpopo:20170318210533j:plain

 

いのくまさんには感謝でいっぱいです!

 

★いのくまさんのブログ★

香川の山奥で暮らす絵描き『いのくまなみえ』の人間讃歌

 

★のうさぎカフェ★

https://www.facebook.com/nousagicafe/

阿讃山脈の懐 みぞおちの滝

今日は、東かがわ市五名(ごみょう)に行ってきました。

 

五名に癒しを求め、みぞおちの滝に行きました。

 

f:id:abcpopo:20170318200318j:plain

f:id:abcpopo:20170318201050j:plain

f:id:abcpopo:20170318200358j:plain

f:id:abcpopo:20170318200640j:plain

f:id:abcpopo:20170318200740j:plain

 

下まで降りて滝を見上げてみました。

 

随分と上の方から水がしぶきをあげて落ちてきます。

 

その水の音を聞きながら目をつぶっていたら時間が止まった感覚します。

 

時間がゆっくり流れるそんな場所でした。

 

【みぞおちの滝】

Google マップ

<さぬき里山歩き> 護摩山

先日、さぬき市多和にある標高433mの「護摩山(ごまやま)」に登りました。

 

場所は、旧多和小学校の目の前にあります。

 

遠くから見ると香川県の山によくありがちな「おむすび」の形に似た山に見えます。

 

護摩山は、地質的にも歴史的にも貴重な山です。

 

西日本で珍しい山として有名で、1500万年前の火山活動で花崗岩の割れ目にマグマが流れ込み、そのまま冷えて固まった流紋岩でできた岩からなる山だそうです。

そうしてできた岩は香川県の自然記念物に指定されています。

 

歴史的には、弘法大師四国八十八か所最後の霊場をみつける時にこの山を登ったそうです。護摩山に登って東の朝空を見たところ、紫雲が広がっていて霊気にみちているのを感じて、そこに大窪寺(今の大窪寺奥の院のあるところに)の建立に取りかかかりました。

 

伝説として言い伝えられているのが、弘法大師は42歳の時に四国巡礼をし、護摩山が鳴動し村人が恐がっているのを見ました。これを鎮めようと護摩山に登り頂上の岩場で護摩を焚いて、ふもとの小庵で一晩中祈り鳴動は鎮まったそうです。

その庵は「一夜庵」と呼ばれていて、今は庵を説明する看板が立っています。

 

その他、山の下部には「金比羅神社」の分社があったり、山頂まで続く道に新四国八十八か所霊場の石仏が点在してます。配置の仕方が分かりませんでしたが、40番台と20番台を見つけました。

 

山頂へ続く山道が分からず30分ぐら迷っていましたが、ようやく見つけ険しい山道を登っていきました。山の下の方は背の高い杉が生い茂っていて暗かったのですが、

中腹から山頂までは、枯れた低い木々が繁っていて明るかったです。

 

残念ながら、山頂含め山道の途中には展望できる場所はなかったです。枝の間から集落を眺められる程度でした。

 

山頂には、看板や文献に「護摩を焚いた岩」があるとありますが、それらしい岩を見つけることができませんでした。

 

【参考文献】

「改訂 長尾町史(下巻)」1986年 長尾町史編集委員会

 

 【護摩山】

f:id:abcpopo:20170315205027j:plain

金毘羅神社へ続く道】

f:id:abcpopo:20170315205123j:plain

金毘羅神社の鳥居】

f:id:abcpopo:20170315205154j:plain

金毘羅神社の境内】

f:id:abcpopo:20170315205223j:plain

【山頂へ続く山道と石仏】

f:id:abcpopo:20170315205314j:plain

 

f:id:abcpopo:20170315205432j:plain

f:id:abcpopo:20170315205607j:plain

 

f:id:abcpopo:20170315205651j:plain

f:id:abcpopo:20170315210002j:plain

f:id:abcpopo:20170315210126j:plain

f:id:abcpopo:20170315205534j:plain

 【山頂】

f:id:abcpopo:20170315210047j:plain

春の満濃池

用事を早くすんだので、まんのう町まで足をのばしてみました。

 

立ち寄ったのは、日本で最も大きいため池、満濃池です。

 

湖くらいの大きな広さでした。

 

土手には、春を感じさせる草花が咲いており、あたたかな1日でした。

 

満濃池

f:id:abcpopo:20170311224955j:plain

f:id:abcpopo:20170311225021j:plain

 

 

【たんぽぽ】

f:id:abcpopo:20170311225056j:plain

【おおいぬのふぐり】

f:id:abcpopo:20170311225132j:plain