さぬき City boy 奮戦記

おいしいもの食べたり、写真撮ったり、本読んだり、地域おこしのことであったりのあれこれを書いてます~

久しぶりの女体山へ

6か月ぶりになる登山。

 

大窪寺からひたすら登っていきます。

 

途中、おへんろさんにもお会いしましたが、さすがだなと思います。

 

長尾寺から前山ダムを越えると山登りで難所となるのですが、あきらめずに結願のお寺に向かって山越えするのにはとても感心しました。

 

自分もがんばないと!とそういうことをいつも女体山を登ると思います。

 

【カエデの落ち葉】

f:id:abcpopo:20171115163016j:plain

【山道の途中の展望台】

大窪寺が上から見える

f:id:abcpopo:20171115163053j:plain

【女体山山頂】

f:id:abcpopo:20171115163201j:plain

【山頂からの風景】

さぬき平野とその先の瀬戸内海が見えるが・・・

今日は曇っていてあまり景色はよくないのが残念です。

f:id:abcpopo:20171115163252j:plain

f:id:abcpopo:20171115163330j:plain

【帰り道】

林道矢筈太郎兵衛線との交差する場所。

f:id:abcpopo:20171115163422j:plain

【お遍路さんの帽子】

f:id:abcpopo:20171115163451j:plain

大窪寺

f:id:abcpopo:20171115163544j:plain

 

 

滝宮の松岡うどん

f:id:abcpopo:20171109221334j:image

 

f:id:abcpopo:20171109221344j:image

 

綾川町滝宮にある、松岡うどんへ。

 

昼前で空いていました。

 

かけ 小とかしわ天を頼みました。

 

いつも頼んでいる組み合わせなので、

どのお店の違いがわからないですが、

つゆが甘かったです。

 

お店の雰囲気からして、サァッと食べ出る感じでした。

11月の海

 

f:id:abcpopo:20171109221215j:image

 

夏の風景とは、なんだか違う晩秋の興津海水浴場。

 

冷たい風がとまることなく体にあたり、自然の厳しさを感じました。

大窪寺の紅葉

本日11月1日、大窪寺の紅葉を見に行きました。

イチョウは、すでに葉っぱが落ちていて寂しい感じでした。

しかし、庭園のもみじは、色づき始めています。

f:id:abcpopo:20171101214045j:plain

f:id:abcpopo:20171101214139j:plain

f:id:abcpopo:20171101214312j:plain

f:id:abcpopo:20171101214347j:plain

 

10月最後の白山

三木町の白山。

 

夕方に登り寒かったですが、赤く染まる空を見ているのがとても幸せです。

 

f:id:abcpopo:20171031205103j:plain

 

f:id:abcpopo:20171031205133j:plain

 

久々の白山を登りましたが、ここ数週間で秋が深まったように思います。

 

また、気温も下がり今日の最低気温が4℃だったようです。

 

ため池のある風景

 

 香川県さぬき市造田(旧長尾町)の野間池。

 

結構大きな池で、池の上にソーラーパネルが浮いています。

 

ふとしたところにため池があり水田が広がっています。

 

f:id:abcpopo:20171029222133j:plain

f:id:abcpopo:20171029222216j:plain

 

f:id:abcpopo:20171029222255j:plain

 

都会では、見ることもない風景、見た時に何かを感じるこの風景は素敵です。

 

 

東京と星空

久しぶりの東京です。

 

東京に来て思うのですが、星はほとんど見えないのが残念です。

 

夜でも街は明るいです。明るいからこそ東京なのでしょうか。

 

さぬきの地に来てから、夜の星空をよく見ます。そして、自分の事を考えています。星を見ていると、いかに自分が小さなことを考えているかを実感させられます。さぬきの地から見る星は、砂つぶの大きさでしかないのですが、本当はもっと大きいです。地球から何万キロ以上離れて、太陽からの光に照らされて、その星が映し出される光を自分は見てます。光が届くにも時間がかかり、今見ている光は数十年前とかの光と聞きます。その光は、単なる光としてみてしまうのですが、昔の光を見ていることに時間について考えてしまいます。

 

さぬきの地にいき、今まで経験してこなかった、星を見ることは人生の宝物なのかもしれません。