読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぬき City boy 奮戦記

おいしいもの食べたり、写真撮ったり、本読んだり、地域おこしのことであったりのあれこれを書いてます~

あじさい

家の近くにアジサイが咲きつつあります。

 

6月が近いですね。

 

 

f:id:abcpopo:20170527140851j:plain

徳島のさんぱラーメン

鳴門にある、支那そば 三八(さんぱ)に行きました。

 

前からいって見たかったのですがようやく行くことができました。

 

 

f:id:abcpopo:20170524230023j:image

f:id:abcpopo:20170524230028j:image

支那そば 大盛り

 

とんこつのスープのラーメン。

 

食欲をそそる味でおいしかったです。

 

値段も600円で安い!

 

ワークショップという手法

地域おこし協力隊の活動で、地区住民と一緒に協働できる活動とはとずっと考えていて、「ワークショップ」とたどり着きました。

 

そこで、いろいろな文献を読んでみました。

 

【読んだ本】

 

■「住民・行政・NPO協働で進める 最新 地域再生マニュアル」 

 朝日出版社 山浦晴男

 

地域再生入門―寄あいのワークショップの力

ちくま新書 山浦晴男

 

■わかやまの未来へむかって

~寄り合いワークショップによる地域再生ガイドブック~

ー水土里のむら機能再生支援事業ー

和歌山県 農林水産部 農業農村整備課

水土里のむら機能再生支援事業

 

■ワークショップ~住民主体のまちづくりへの方法論~

学芸出版社 木下勇

 

感想として、ワークショップが簡単なイメージでいましたが、準備から始まり運営方法と目的をはっきりしておかないといけないなと思いました。

司会進行役のファシリテーターの指示で、意見を付箋に書いて模造紙にはりグルーピングして結論を出す、そんなことを今までやってきて簡単なイメージでいました。

今回、自分がやろうとすると、ファシリテーターになるので、今までに経験がないことでとても不安に感じます。

他にも意見がまとまらなかったらの不安など自信がないなと感じていました。

ワークショップの敷居が高いので、小規模のグループから初めていけたらいいなと思っています。

 

 

 

竹取うどん

まんのう町の仲南産直市へ。

 

f:id:abcpopo:20170521222855j:image

 

お昼は、食堂で竹取うどんを食べました。

 

カツオのダシがきいたつゆと甘みのあるタケノコがマッチしていて美味しかったです。

 

f:id:abcpopo:20170521223251j:image

 

竹取うどん小

350円

うどん屋さんのラーメン

f:id:abcpopo:20170518220820j:image

高松にある、うどん屋さんの三徳へ。

 

何か新しいうどんを求め、見つけたのが肉ラーメン。

f:id:abcpopo:20170518220830j:image

うどん屋でラーメン?

と思いますし、なんか選んだ時に抵抗を感じました。

 

牛丼のような、甘みがあり美味しかったのですが、やっぱりうどんの方がしっくりきたかな…と。

 

次は、うどんにします。

諦め

f:id:abcpopo:20170517144156j:image

 

本日は、晴天なり。

 

午前中は、三木町の嶽山という山に登りに向かいました。

 

東側の登山口から進んで行ったのですが、途中から道らしい道らしいではなくなり引き返しました。

 

スズメバチがいたので、そろそろ山登りも控えたいところです。

 

正規の入り口を見つけたのですが、車を停める場所がなかったので、また、チャレンジしたいと思います。

 

時間ができたので、大串の景色をみて、東かがわのカフェで一休みです。

 

頑張ろう!

意外な発見!

 

たまたま、図書館で地元文献を探してましたら、活動地区の方が30年前に書かれていた文章を見つけました。

 

これは、すごい!

 

その方にこの話をしたところ、喜んでました。どんな話を聞けるのか楽しみです。